緊急事態宣言発出を受けた弊会の業務案件の対応について

一般社団法人神奈川中小企業診断士会
代表理事 森智亮

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられました皆さまに衷心より哀悼の意を表しますと共に、新型コロナウイルス感染症に罹病された皆さまには、1日でも早く快癒されますことを心より祈念申し上げます。

本日、政府より発出された緊急事態宣言において、神奈川県も対象エリアとなりました。私たちは中小企業・小規模事業者を支援する使命を持つ国家資格者団体として、かかる国難に立ち向かう中小企業・小規模事業者の支え手として活動を継続していくために、我々自身が新型コロナウイルス感染症の防止に真摯に取り組み、支援をご希望される皆さまの身体的安全を守りつつ、今だからこそなすべき支援を実施していくという社会的使命を果たさねばなりません。

かながわ士会としては、緊急事態宣言を受け、弊会を通じて実施している業務案件に関して以下の通りの対応と致しますので、内容熟読を宜しくお願い致します。

かながわ士会は、1月7日に発出した県協会の「緊急事態宣言発出を受けた幣協会の対応について」を前提に、中小企業診断士として社会的要請が高まっている点も留意し、このようなときだからこそしっかりと社会的要請に対応していきたいと思いますので、主旨をご理解の上、ご対応頂きます様宜しくお願い致します。

1. かながわ士会業務案件に関する基本的な考え方

国、県の要請に従い、当面の間(国、県の解除の判断があるまでの間)業務案件は以下の方針に基づき、実施可否判断を行う。

(1)緊急性・社会的有用性が高く、クライアントの要請があり、専門家自身が了承した場合

要因:中小事業者の資金繰り支援のため、緊急性・社会的有用性高い。
実施条件:PMが現在稼働している専門家に現在の業務を継続していただくことを確認します。

(2)クライアント及び関係者了承のうえ、TV会議で支援を行う場合

要因:再生支援案件が多く、緊急性及び社会的有用性が高い。
実施条件:各保証協会様により運用が異なる可能性があるため、PM及びPLからの発信に従い個別に判断(PLへの報告義務あり)します。

(3)業務案件自体が自宅で完結できる場合

例外要因:自宅で完結できる。
実施条件:自宅のみで実施することとします。
※この他の案件に関して、不明な点がある場合、PMを通じて(PMがいない場合は直接に)事業管理部まで、事前に問合せを宜しくお願い致します。

2. 本対応の期限

国、県の解除の判断があるまでの当面の間
※但し、新型コロナウイルス感染症の状況が改善に至らず、緊急事態宣言が延期される場合は、緊急事態宣言が解除されるまで上記対応を延長します。

3. 本件に関する問い合わせ先

●事業管理部 担当理事 和泉 雅喜
TEL 090-4602-8495
E-mail jigyo@k-shindanshi.com
●事務局 担当理事 折笠 勉
E-mail jim@k-shindanshi.com
TEL 090-2245-9643
●代表理事 森 智亮
E-mail jigyo@k-shindanshi.com
以上