経営支援事例

世界遺産母島で「海底熟成ラム酒事業」の立上げ

対象企業プロフィール

業種 人数 売上規模
小笠原母島観光協会 理事8名+従業員3名 不明

起きていた問題

小笠原母島は地場の飲料・食品加工業者が殆どいないため、農業・漁業に関わる者以外になかなか雇用が生まれ辛い環境となっています。そこで今回は小笠原母島観光協会が音頭を取って農協・漁協・飲食店・宿泊施設等と力を合せて新たな観光事業を興すことで地域活性化を図りつつ、母島で唯一の酒類製造業である小笠原ラム酒製造元においても「当該事業」を通じて新たな需要の掘り起しを図ると共に、新たな雇用を生み出す起爆剤としたいと考えています。

改善後の結果

今回の海底熟成ラム酒事業に参加する3社(小笠原母島観光協会・母島漁協・小笠原ラム酒醸造元)が小笠原母島の観光事業を活性化したいと言う「想い」を共有できたことで、母島ならではの画期的取組みとして「海底熟成ラム酒事業」の実施体制を整えることが出来ました。
更に島内飲食店・宿泊施設・土産物店等の協力を得ることも出来て、結果として事業初年度から数百本の販売実績を達成すると共に、現在も毎年千数百本の販売実績を維持しています。

小笠原母島観光協会支援事例

課題解決に向けた改善の流れ

課題解決に向けた支援の流れ

ビフォーアフターの変化

Before

課題解決・ビフォー

After

課題解決・アフター

支援のポイント

解決POINT1:ラム酒海底熟成の是非は、発酵専門家の意見も聞いて判断しました。

一部離島で「焼酎」を海底熟成している取組みはあるものの「ラム酒」は日本で初めての取組みなので、「南国の地で年間を通じて海水温が安定している海域での海底熟成は酒の熟成環境として恵まれている」との専門家アドバイスを頂き事業プラン策定を開始しました。更に母島で唯一ダイビング事業を行っている漁協と連携できて、海底熟成を行うだけでなく1年を通じて海底熟成の進捗が管理できました。

解決ポイント1
解決POINT2:島内滞在中の新たな楽しみ作りを行い観光客の満足度を高めました。

最近はお酒の楽しみ方も多様化しハイボールやカクテル等を好む人も増えました。
母島ラム酒も「サトウキビ由来の豊潤さ」で元々人気は高いが、母島特産の「パッションフルーツ・島レモン・島トマト」の南国フルーツで割れば更に旨味が増し、母島ならではのカクテルが出来上がります。小笠原全体の観光客は年間3万人でその内母島来島者は8000人程ですがこの取組みで新たな観光客掘起しが出来ました。

解決ポイント2
解決POINT3:東京都振興公社及び島しょ振興公社の補助金を最大限活用しました。

観光協会自体が公益性の高い団体で会員の会費で運営されているため、新規事業を展開すると言っても事業予算を独自に確保することが難しい状況でした。そこで東京都地域中小企業応援ファンド事業の活用を提案し申請書作りを進めました。
また同時に東京都島しょ振興公社島しょ地域振興助成金を利用することも可能だったので、これら制度を組み合せて事業者負担を軽減化することが出来ました。

解決ポイント3

担当コンサルタントから支援後の所見・コメント

事業計画に特殊性(地域性・独自性)があり、事業計画を策定する段階から島内関係者の関心は高かったが、事業経費をどこから捻出するかということで途中何回か挫折し掛けました。しかし「東京都振興公社及び島しょ振興公社」の補助金が利用できる可能性があるという提案をさせて頂いた辺りから実現性が高まりました。
また小笠原母島観光協会が中心となって漁協・小笠原ラム酒醸造元と三位一体の取組みが大きな推進力となったことは言うまでもありませんが、その他の島内飲食店・宿泊業・土産物店等の協力が得られたことも成功の決め手となったと言えます。

中小企業診断士・山﨑 隆由
山﨑 隆由
開業支援・経営改善支援・事業計画策定支援・補助金申請支援・6次産業化支援・その他販促活動支援を継続的に行っています。

山﨑隆由のプロフィール

お問合せ


企業名・団体名必須
部署・役職名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問合せ内容