経営支援事例

理念経営と経営戦略の策定、経営管理体制の構築

対象企業プロフィール

業種 人数 売上規模
建設業(外構業) 7名 94,500千円

起きていた問題

現社長である2代目が就任後、従業員の離職が続き一族以外の従業員は1名にまで減少した。これに伴い年商は5社長0百万円を下回るまで減少し、赤字が続く状況となっていた。経営方針が二転三転する社長の下で受注減少に歯止めがかからず、社長と従業員の間もぎくしゃくしていた。こうした中で現場のサボタージュが発生するなど生産性が低く経営危機に陥っていた。経営方針を定め経営改善を進めていくことが喫緊の課題であった。

改善後の結果

全社員で経営理念を考え、毎年、経営目標と経営計画を策定した。会社業績連動給を導入し、目標の達成に向けて毎月の経営会議を全社員で行いPDCAを回していった。結果、会社全体に一体感が生まれ、全社員が積極的な姿勢で仕事に取り組めるようになった。改善活動による効率化が進み生産性の高い会社に成長した。現在は増員した従業員も定着し、売上は5年前と比べ2倍の約100百万円になり、数百万円の赤字は経常8百万円となっている。

建設業(外構業)支援事例

課題解決に向けた改善の流れ

課題解決に向けた支援の流れ

ビフォーアフターの変化

Before

課題解決・ビフォー

After

課題解決・アフター

支援のポイント

解決POINT1:全社員で経営理念と経営目標・経営計画を作ることで全社的な一体感を醸成

同社はコミュニケーションが希薄で、社長はひとりよがり、従業員は目的もなく何となく毎日仕事をしていた。そこでまず、全社員で経営理念を考え、理念に基づいた経営目標を定め、中期計画と年度計画を作成した。年度計画は月ごとの計画に落とし込み全社員で経営会議を行った。毎月、達成率と1か月の振り返り、翌月の目標について話し合いPDCAを回していった。会社業績連動給も導入し社員のやる気を後押しした。その結果、全社員で目標と進捗状況を共有するようになり、目標達成に向けて取り組める組織になった。

解決POINT2:経営戦略と連動した営業戦略で効率的に収益力の向上を実現

当初は社長一人で営業活動を行い、思い付きで様々なことに取り組んでいた。どれも長続きせず中途半端となり成果に結びつかない状況だった。そこで、同社の強みを考慮しながら数値目標達成に向けた経営戦略を検討した。取引先別に粗利益を確認した上で、利益額と利益率から効率的な営業対象を定めた。社員にも営業の役割を与え、毎朝全社の案件を共有し案件ごとの状況を確認した。その結果、営業力を集中的に狙った先に向けることができ、営業管理により成約率が向上したため安定的な受注を得ることができるよになった。

解決POINT3:お金をかけない全社で行う改善活動で生産性が向上

毎月全社員で行う経営会議を通じて全体最適につながる改善活動を行った。非効率な工事による納期遅延は、工事日程計画を毎週作成して全社で共有し完工高を増加させた。多発していた工事仕様の伝達ミスや材料・外注の手配ミスは営業(プランナー)と現場スタッフが毎週打合せを行い、LINEWORKS(SNS)を活用し案件ごとに情報共有することでミスを激減させた。他にも継続的な改善活動を通じて社員全員による改善に向けた意見交換が活発的になり一体感の醸成と生産性向上を実現した。

担当コンサルタントから支援後の所見・コメント

当初山積していた問題点も、全社員で目的を共有して取り組むことで一つずつ解決し会社が成長し始めました。一つ問題が解決しても、会社が成長に向かって取り組む中で新たな問題や課題が見えてきます。それらを一つずつ解決していくことで着実によい会社になっていきます。もぐら叩きのようですが地道な取り組みで結果を出すたびに、社長も従業員も自信をもつようになり、その自信がモチベーションとなり仕事に対する姿勢が変わります。こうなると社長も従業員も生き生きとしています。経営理念や目標・計画を活用するお手伝いを通じてこれからも同社をはじめより多くの会社をよくする支援をしていきたいと考えています。

中小企業診断士・升田 覚
升田 覚
経営体質改善(理念経営導入、計画策定実行支援、売上拡大)、資金調達(融資・補助金など)、創業支援、全業種対応
個々の会社にあった支援メニューをご提案いたします

升田覚のプロフィール

お問合せ


企業名・団体名必須
部署・役職名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問合せ内容