中小企業の課題解決プロフェッショナル
神奈川中小企業診断士会は県下最大のコンサルティングファームです。
200名を超える公的コンサルタントが中小企業の経営サポートを行います。
MISSION

ミッション

神奈川中小企業診断士会は多様性を持つエキスパート集団として、
中小企業に良質な経営支援サービスを提供し続ける事により、中小企業の発展に寄与します。

FEATURE

神奈川中小企業診断士会の特徴

  • 01
    年間100
    延べ300以上の
    企業コンサルティング実績
  • 02
    国家資格
    「中小企業診断士」が
    200以上在籍
  • 03
    年間50以上の
    補助金申請支援実績
    採択率70%超え
  • 04
    県下の経営支援公的機関
    6団体との提携
  • 05
    県下6市町村からの
    業務受託実績
  • 06
    県下・都内
    4信金との連携
  • 07
    認定支援機関
    登録済み
  • 08
    県下最大規模の
    コンサルティングファーム
HOSPITALITY
「頼んで良かった」と言われるために

我々は、中小企業の経営者から
「頼んで良かった」「またお願いしたい」
と言われるために活動をしております。


MEMBER

メンバー一覧

COLUMN

経営コラム

経営コラム一覧
Coming soon...

中小企業診断士とは

中小企業診断士制度

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第1 1 条に基づき、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

中小企業診断士の業務

中小企業診断士の業務は、中小企業支援法で「経営の診断及び経営に関する助言」と定められていますが、具体的には「現状分析を踏まえた企業の成長戦略のアドバイス」となり、①現状分析を踏まえ、企業の成長戦略の策定について専門的知識をもとにした助言、②策定した成長戦略を実行するに当たっての具体的な経営計画立案、③経営計画の実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援、を実施します。

中小企業診断士の役割

中小企業診断士は上記の業務を行うために、専門的知識の活用とともに、企業と行政、企業と金融機関等のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。こうした役割を完遂できるよう、5年ごとの資格更新制度が設けられており、5 年間で5 回以上の「知識の補充」と5年間で30日相当以上の「実務の従事」の両要件を満たすことが必要です。

CONTACT

お気軽にお問合せください。
担当コンサルタントがヒアリングに伺います。

神奈川中小企業診断士会